安いといっても安全

安いという意味は何らかの問題を抱えていると考える人も当然いるでしょう。
それは格安航空チケットであってもそのような考えを持つ人もいます。
安いというのは、何か裏があるに違いないと考えるはずです。
そしてそのような考えを持つというのは消費者の特権でもあります。
巷で人気の格安航空チケットの最大の懸念といえば、安全性になるでしょう。

特に心配する必要はない

簡単に言えばそこまで心配する必要はありません。
ローコストキャリアのLCC航空に対してよく抱かれる懸念が安全性になりますが、国が定めた基準というのが大変厳しいものであって、その基準を満たさない限り日本での運用は認められていません。
よって安いLCC航空を利用しても安全性の問題は全くといっていいほど問題ないということになります。

都市伝説を信じないほうがいい

LCC航空会社の場合、運賃を安くするためにいろんなものを削っています。
それは人件費でもあります。
安い人件費にするため外国人パイロットを雇っているLCC会社も多いのです。
外国人のパイロットだから飛行技術が荒いという噂が流れることもありましたが、決してそのようなことはありません。
何らかの問題があった場合、すぐに国が関与することになりますので、そのような乱暴なパイロットはすぐに操縦することができなくなります。
たまたまLCC会社を利用した際に天候の不順から機体が乱れたのをLCCの格安体制のせいとするのは、少しかわいそうに思います。
安いLCCだからこれくらいは仕方ないという考えを捨てることが大切です。
LCC航空会社も大手航空会社と同じように厳しい基準のもと、経営と運航を行っていますので安全面に対しては何の心配もありません。
安全と快適は、似ているようでまったく異なる言葉になります。
快適性が奪われたことを安全性に置き換えることで、危ないと表現する人もいるのです。
安く安全に運航してくれる航空会社がしっかりとありますので、噂に惑わされない姿勢も消費者には必要です。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP