LCCが安い航空運賃で経営できている理由

日本国内の航空運賃はLCC(格安航空会社)が登場してから、すごく安くなりました。人気の理由は、その激安とも言える料金にあります。では、どうして既存の大手航空会社と比較して安くなるのでしょうか?今回は【LCCが安い航空運賃で経営できている理由】について迫ります。

機材を一種類することと、空港の待機時間を短縮することです。

デフォルメの飛行機
既存の大手航空会社の場合は、さまざまなタイプの飛行機を使っています。ですが格安航空会社(LCC)の場合は違います。大部分は機材を一種類に統一しているのです。この理由は航空機の免許にあります。
機種毎に免許が違います。
同じ機種にしておけばパイロットの育成も合理的ですし、整備も楽です。
部品のひとつの機種だけのものを用意しておけばいいのでコストセーブになります。

空港での滞在時間をできるだけ短くしています。駐機時間が長くなると無駄なお金がかかるからです。乗客を降ろしたらすぐに次の乗客を乗せるようなスケジュールです。運用効率を高めて利益を生み出し、低価格を実現しているのです。

手荷物料金が有料であること・無料のサービスを提供しないこと

スーツケース
大手航空会社は一般的に20キログラムまでは無料で荷物を預かります。LCCの場合は、10キログラムや運賃タイプによっては全部が有料になることもあります。
チェックインのときに預ける荷物も航空運賃に大きく関係してきます。

荷物を預かる課金分は格安航空会社にとっては大きな収入源になります。
お客さまもできるだけ荷物を少なくしようとします。飛行機の重量が軽くなります。
燃料費が節約できるというメリットにもなり経営効率がよくなります。

また、無料のサービスをできるだけ提供しません。大手航空会社の場合は機内食が無料ですし、枕や毛布も無料で借りることができます。
これだけのサービスをしようとすると客室乗務員の人数も多く必要です。これがコストになるのです。

いかがでしたでしょうか?

LCCが安い航空運賃で経営できている理由についてご紹介しました。
格安航空券の世界は競争が激しくなっています。大手航空会社は早期割引を使って格安航空券を実現しています。Peach・ジェットスター・バニラエア・春秋航空日本などのLCCは、コストをできるだけ押さえることで勝負をかけています。
従来型のサービスが欲しい層とサービスが不要で価格志向型の層と別れており、そのニーズを奪い合っているのが現在の航空業界です。
料金もその都度違うのが格安航空会社(LCC)の特徴です。ケースバイケースで大手航空会社とLCCを使い分けるのが賢い利用方法になるのでしょう。

関連記事:

    None Found

△PAGE TOP